タバコを吸う方は要注意!

パリ歩きの楽しみと言えば、やはりカフェ巡り。そんな方も多いのではないでしょうか。実際、パリには小説家や画家など、誰々ゆかりのカフェというのが結構たくさん残っています。とは言え、初めてのパリ見物ともなると、入りづらいと感じることもあるかもしれません。そこで以下には、カフェ巡りの際、最低限、注意して欲しいことを挙げてみました。 まず第一に、どこに座るかです。街路の様子や行き交う人々の様子をのんびりと眺めるのなら、やはりテラス席が一番ですが、ちょっと疲れたので、しばしの間、心静かに過ごしたいというのであれば、室内席が最適です。ただし、タバコを吸う方に関しては選択の余地はありません。フランスでは、公共施設の中、閉ざされた場所でのタバコは禁止されています。違反した場合、罰金を科されることにもなりますので注意してください。

席によって値段が違います!

カフェに入る際、どこに座ろうとも基本的には問題ないのですが、ただし、席によってサービス料が異なるのが一般です。一番高いのは、もちろんテラス席。では一番安いのは? そう、カウンター席ですね。安いというより、サービス料自体、取られません。店によっては、テラス席に座ってしまうと、室内席よりも1.5ユーロも高くなるところがありますので注意してください。また、席ごとに担当のウエーターが決まっていますので、注文の時には顔をちゃんと覚えておきましょう。支払も当然、そのウエーターに行います。 なお、基本的なメニューに関しては、店ごとで大きな差はありません。カフェ巡りをするのであれば、最低限のメニューぐらいはフランス語で思えておくと便利です。メニューでの注意点としては、パリではアイスコーヒーやアイスティーはないのが通常。コーヒーとだけ言えば、濃いエスプレッソが出てくることだけは知っておいてください。